ホーム > ネイリストへの道 > ネイリストの知恵袋 > きれいにぬったはずだったのに・・・・・・

ネイリストの知恵袋

Vol.2 きれいにぬったはずだったのに・・・・・・

どうして気泡が入ってしまうの?

ちゃんとネイルケアをやって、ベースコートを塗って、カラーポリッシュを2度塗りして、トップコートを塗って、じっと我慢してちゃんと乾かして。ヨシヨシ、これでバッチリ、オッケーさっ! と、ふとみたら、人差し指にも、中指にも、小さな気泡がプツプツと……。
え、なんで!? なんで、こうなるのよお! って。こんなときは、心底がっかりしますよね。でも、よくあることなですね、これが。
気泡の原因その1は、爪の凸凹。予防策としては、ベースコートを塗ることなのですが、ベースコートを塗ったって、気泡ができることはあります。
それは、原因その2。あたたかい指先と、冷たいカラーポリッシュとの温度差なんです。気泡の原因としては、こちらのほうが多いと思われます。

気泡が入らないようにするには?

では、いったいどうしたらいいのでしょう。ポリッシュをあたためるわけにはいきませんから、手をほうを少し冷たくしておくしかないでしょうね。
まずは、カラーポリッシュを塗る前に水で手を洗うこと。
ポリッシュを塗ったあとに、指先で冷たいものに触る、という方法もあります。氷の入ったコップや冷たい水の入ったペットボトルに薄手のタオルかハンカチ、ティッシュペーパーを巻いて指先で触っていると、早く乾くし、気泡もできにくくなって一石二鳥かも。

Vol.1 ネイルが乾くまでVol.2 きれいにぬったはずだったのに・・・Vol.3 せっかくのネイル。長持ちさせるには…
Vol.4 直伝。美しい手指と爪を保つ秘訣Vol.5 爪を傷めないために大切なことVol.6 指を美しく見せるポリッシュを選ぼう
Vol.7 ゴミ、キズ、ヨレ! さあ、どうします?Vol.8 仕事柄、爪はのばせない……けれど、ネイルは楽しみたい!!