ホーム > ネイリストへの道 > ネイリストの知恵袋

ネイリストの知恵袋

Vol.8 仕事柄、爪はのばせない……けれど、ネイルは楽しみたい!!

「ポイント=指先」の法則で、エレガントに

 短い爪? もちろん大丈夫ですよ。でも、長くのばした爪よりは、少し工夫が必要かもしれません。
 まず、オススメは、爪と指に一体感をもたせて、指全体を長くエレガントに見せる方法。カラーポリッシュの色は、ベージュやピンクなど、肌になじみやすい色を選びます。爪の根元にポイントをもってくると爪は長く見えるのですが、フリーエッジがほとんどないくらいに短いなら、アートは爪先に視線を集めるようにするほうが、指が長く見えるので得策かもしれません。爪先に控えめにストーンをおいたり、ホログラムを並べたり、ラメでグラデーションにするとオフィスでもOKな、上品ネイルになります。
 また、落ち着いた配色で、縦や斜めのラインどりをするというテもあります。フレンチにしたいときも、ちょっと斜めにしたり、左右の高さを変えてみてはいかがでしょう。

「小さい=かわいい」の法則で、キュートに

 短い爪は、ネイルベッドの面積が小さい。
 でも、小さいからこそ、カワイク感じるんです。
 たとえば、真っ赤や、ショッキングピンクのカラーポリッシュ。長くのばした爪にぬると、これがけっこうドギツクなったりしますけど、短い爪なら、やけにカワイイ。ブルーやグリーンのカラーポリッシュで、エッジを縁取りするだけでも、思いがけないキュートな印象に。ボーダー柄だって思い切ったカラーを選んでもにしても、あまりハメをはずした感じがしません。
 フレンチネイルは、ベースにヌーディカラーかクリアカラーをもってくるのがベター。そうすればかなり鮮やかなカラーの逆フレンチでもかわいらしく仕上がります。短い爪だからこそのバランスで、お花やリボンのデコも楽しんでみてください。

Vol.1 ネイルが乾くまでVol.2 きれいにぬったはずだったのに・・・Vol.3 せっかくのネイル。長持ちさせるには…
Vol.4 直伝。美しい手指と爪を保つ秘訣Vol.5 爪を傷めないために大切なことVol.6 指を美しく見せるポリッシュを選ぼう
Vol.7 ゴミ、キズ、ヨレ! さあ、どうします?Vol.8 仕事柄、爪はのばせない……けれど、ネイルは楽しみたい!!